Amazonの安全な使い方を知って詐欺被害を回避しよう

Amazonといえば、誰もが知っている大手の企業です。
ですから、出品者の顔や商品が見えないネット上の取引であっても多くの人が安心して購入をしているのではないでしょうか。

しかし、実際には大手のAmazonであっても詐欺にあうことあるのです。
だからといって、便利で魅力的な商品に溢れるAmazonを利用しないというのも難しいですよね。
Amazonで詐欺にあうケースやその回避方法を知り、しっかりと対策をしながらネット通販を楽しみましょう。

Amazonマーケットプレイスに注意

Amazon自体は、きちんとした信頼出来る企業である事に間違いはありません。
しかし、Amazonでの詐欺被害はAmazonマーケットプレイスの商品購入者から多く訴えられています。
Amazonマーケットプレイスとは、Amazon.co.jpではなくAmazon外部のお店や個人が商品を出品するというシステムです。
Amazonマーケットプレイスから購入したが、いつまでも商品が届かない、または全く違うものが送られてきたといって詐欺トラブルが相次いで起こっているのです。

しかし、それだけではありません。
詐欺の被害にあっているのは、購入者だけではなく出品者側もなのです。
Amazonマーケットプレイスの出品者は、一体どのような詐欺被害にあっているのでしょう。
それは、出品アカウントの乗っ取りです。
その手口はまだ明らかではありませんが、何らかの方法でアカウントを乗っ取られ、勝手に身に覚えのない商品を出品されてしまいうのです。
そして、その商品代金は乗っ取りを行った人物の口座に振り込まれる事になります。

何も知らずにいると商品を購入したのに届かないといった人から、発送や返金の催促などがくるようになります。
自分も詐欺被害者なのに、詐欺として訴えると言われるケースもあるのです。
こうしたアカウントの乗っ取りによる詐欺は、出品者側にも購入者側にも被害を与えてしまうのですね。

詐欺の被害を回避するには

こうした詐欺の被害を回避するにはどうしたら良いでしょうか。

まず、購入者側の回避方法としては、怪しい出品者や商品には手を出さないということです。
相場よりもかなり安い価格で出品されていたり、新規の出品者で評価がない場合は注意をしたいですね。
また、新規出品者ではなくこれまでの評価は悪くなくても、長い間出品がなかったところから購入をするのも要注意です。
乗っ取りは、こうした休眠期間が長いアカウントがターゲットになりやすいからです。

出品者がアカウントの乗っ取りを防ぐ為には、アカウントをあまり放置しないことです。
また、もう使わないと思われるアカウントは思い切ってマーケットプレイスの契約を解約するというも良いでしょう。
また頻繁にログインをして、自分のアカウントに何か異常がないかどうかを確認することも大切ですよ。

そして、Amazonアカウントの二段階認証設定をすることも有効となります。
パスワードとコードの二段階で認証することで、セキュリティーを強化して乗っ取りされにくくするのです。
とはいっても、アカウント乗っ取りの方法が全て解明されている訳ではないので、これだけで安心しきってはいけません。

もし詐欺にあってしまったら

どんなに対策をしたとしても、Amazonで詐欺の被害に合わないとは言えません。
万が一Amazonで詐欺にあってしまって場合は、ただちにテクニカルサポートへ連絡をいれましょう。
電話が繋がる場合は、電話で連絡をすると直ぐに返事をもらうことが出来ます。
テクニカルサポートへ連絡をして、その指示を仰ぐと良いでしょう。
お金を支払ったが、商品が届かない場合は条件を満たせばAmazonから保証を受けることも出来ます。

まとめ

もし、アカウントを乗っ取られて詐欺の片棒を担がされたカタチになった場合も同じように連絡をしましょう。
購入者と直接やりとりをするよりも、Amazon側に任せた方が安心です。
Amazonへ任せると、Amazon側から被害者にその旨の連絡がいくシステムとなっていますし、これ以上の被害を防ぐことも出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする