いろいろあるAmazonの受け取り方法を詳しく解説

忙しい人や欲しいものを買いに行けない人にとって、Amazonのようなネット通販サービスはとても便利ですね。
Amazonで注文をした商品は、宅配便やメール便によって指定した配送先に届く仕組みになっています。
ですから注文した商品は、必ず受け取らなくてはいけません。
Amazonの受け取り方法について解説します。

Amazonの受け取り方法は

Amazonの受け取り方法には、ひとつだけではありません。
配送の種類や配送先によって受け取り方法は異なるのです。

自宅や会社で受け取る

配送先を自宅に指定した場合、宅配業者が自宅まで荷物を直接持ってきてくれます。
代金引き換え以外の支払い方法を選択している場合は、ドライバーから荷物を受け取るだけでOKです。
その際にはハンコ、またはサインが必要になります。
自分以外の家族であっても、Amazonからの荷物を受け取る事が出来ますよ。

代金引き換えで注文をした場合は、ドライバーに直接商品の購入代金を支払います。
ただ代金引き手数料として324円余計にかかることになります。

自宅を指定しても、不在で宅配便を受け取れない事もあるでしょう。
その際は、宅配業者から不在連絡票が郵便受け
入っているはずです。
宅配業者によって再配達の方法は異なりますが、一般的にはドライバーの携帯に電話をするか、自動音声で再配達の依頼をする他、ネットで再配達の手続きをすることも可能になっています。

日にちや時間帯の指定が出来るほか、場合によっては当日の再配達も可能です。

宅配ボックスで受け取る

不在の時でも再配達を依頼することなくAmazonの商品を受け取る方法もあります。
それが、宅配ボックスの利用です。
自宅に宅配ボックスを設置していれば、不在時にボックスに商品をいれておいて貰うことも出来ます。

しかし、Amazonで注文をする際には宅配ボックスへいれるといったチェック欄は存在しません。
そもそも宅配ボックスへの配送サービスは、Amazonではなく宅配業者が行うサービスだからです。

Amazonで注文した商品を不在時は宅配ボックスへいれて欲しい場合は、表札をきちんと出しておく事が大切です。
また、配送先の住所欄に不在時宅配ボックス希望と入力しておくのも効果的となっています。
宅配ボックスを利用することが出来れば、再配達の手間を省けるので宅配業者にとっても助かりますね。

ヤマト運輸営業所での受け取り

Amazonの商品は、自宅や会社ではなくヤマト営業所でも受け取る事が出来ます。
ヤマト運輸営業所で受け取る方法は、注文時に店頭受け取り先を新しく検索するをクリックして、住所や郵便番号からヤマト運輸営業所を探して指定しましょう。
ヤマト運輸営業所で受け取る場合は、問い合わせ伝票番号と本人確認書類が必要になります。
本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、学生証や社員証などです。
印鑑も忘れないようにしましょう。

コンビニ受け取り

ローソン、ファミリーマート、ミニストップでも店頭端末機を利用して受け取る事が出来ます。
店頭受け取り先を新しく検索するから、コンビニを指定すると荷物がコンビニに届くとメールが届きます。
端末機の指示に従ってメールに記載されている、問い合わせ番号や認証番号を入力すれば引き換え券が出ます。
それをレジへ持って行き、荷物を受け取りましょう。

受け取りには期限があるので注意

荷物の受け取りには期限があるので注意をしましょう。
もし、期間内に受け取らなかった場合は返送され、送料や返送料は購入者が負担しなくてはいけなくなります。
受け取り期間は不在票やメールなどに記載されているので、きちんと確認をして期限に間に合うように受け取ってくださいね。

Amazonの受け取り方法は様々ありますから、自分のライフスタイルにあった方法を選択しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする