返品ではなくAmazonキャンセル方法を詳しく説明

注文キャンセルイメージ画像

Amazonで商品を購入しても、間違って注文をしてしまったり必要がなくなってキャンセルをしたい時もあるかもしれません。

Amazonで注文した商品をキャンセルしたい場合はどうしたら良いのでしょうか。
また、キャンセルとは注文を取り消しするという事であり、配送先に届いた商品を返品する事ではありません。

返品とは、届いた商品に不備や間違いなどがあり、Amazonへ送り返す事になります。
キャンセルは、注文後、発送前の商品の注文を取り消しにする事です。

今回は、返品ではなくこのAmazonの注文をキャンセルする方法を紹介します。

Amazonでキャンセルをする方法

Amazonで注文のキャンセルをするためには、自分の注文履歴にアクセスをします。
注文履歴の「商品をキャンセル」するボタンをクリックしてください。
キャンセルをする商品を選んだらチェックをいれ、「チェックをいれた商品をキャンセルする」をクリックしましょう。

ただしくキャンセルする事が出来たかどうかは、メールによりお知らせがきます。
Amazon.co.jpが発送する商品については、2時間以内にキャンセルが出来たかどうかメール連絡がくるでしょう。
Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品は、出品者が原則24時間以内に連絡がきます。
しかし、これは原則であり個人出品者などの場合は24時間以内に連絡がこないこともあるので、多少時間がオーバーすることもあると覚えておきましょう。

また、メール連絡がくる前でもキャンセルがされた場合は、キャンセルされた注文を選択するとそこに商品が表示されます。

このような方法で正しくキャンセルが行えた場合は、基本的にキャンセル料金は発生しません。
また購入時にポイントを利用した場合は、ポイントは返還されます。
逆に注文によりポイントを得た場合は、その分は取り消しになります。

キャンセル出来ない注文も…

Amazonではキャンセルが不可能な注文もあります。
まず、注文履歴にキャンセルのボタンが表示されない場合は、キャンセルを出来る商品がないことを表しています。
その場合は、以下のことが考えられるでしょう。

発送済みやキャンセル期限が過ぎている(発送準備にはいっている)場合は、キャンセルが出来ません。
Amazonギフト券、Amazonコイン、デジタルコンテンツの注文もキャンセル不可能です。

キャンセルが出来なかった場合は?

Amazon.co.jpが発送する商品をキャンセルする事が出来なかった場合は、商品をうけとってから、返品手続きを行わなければいけません。
返品は勝手にすると、商品が届いていないなどのトラブルになりますから、正式な手続きを踏むようにしましょう。

予約注文のキャンセル

販売前の商品を予約していた場合、商品の発売日前ならキャンセルをすることが出来ます。

Amazonお得定期便のキャンセル

Amazonお得定期便のキャンセルは「Amazon定期お得便情報の管理」をクリックしてキャンセル手続きを行いましょう。

Amazonアプリからのキャンセル方法

アプリを開いたら注文履歴から商品キャンセルをタップしてください。
キャンセルしたい商品を選びタップし、キャンセルが確定します。
ただし、アプリではデジタルコンテンツのキャンセルは出来ません。
また、キャンセルが可能なのは出荷準備が始まっていない商品のみです。

デジタルコンテンツとは、商品を配送により荷物として受け取るのではなくダウンロードする事で受け取ることの出来るゲームや書籍などの事になります。

まとめ

Amazonでのキャンセルは、いくつかの条件を満たせば行う事が可能です。
ですが、なるべくならキャンセルをしなくても良いように注意を払う必要がありますね。
本当に必要なものなのかどうか、注文に間違いがないのかどうかきちんと確認をしてから購入をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする