Amazon.co.jpとAmazonマーケットプレイスで送料が違う?

ネット通販として最大手のひとつであるAmazonは、自宅にいながらにして何万点にも及ぶ商品の中からショッピングが出来る便利なサービスです。
しかし、こうしたネット通販では商品代金にプラスして送料がかかるものですね。
Amazonでは、どのくらいの送料が必要となってくるのでしょうか。

Amazon.co.jpとAmazonマーケットプレイスで異なる送料

Amazonで商品を注文するとその配送をAmazon.co.jpが行うケースとAmazonマーケットプレイスの出品者が発送するケースの2パターンに分かれます。
このケースによって送料というのは異なってくるのです。

Amazon.co.jpから発送の場合

【通常配送】
オプションなどを利用しない通常配送では、購入金額が2000円未満なら350円の送料がかかります。
もし、届け先を複数指定した場合は一カ所ごとに350円の送料がかかるので注意しましょう。

そして、購入金額が税込み2000円以上になると送料は無料です。
ただし、この場合ラッピング費や手数料、Amazonギフト券を除いた商品小計が2000円以上となります。

プライム会員の場合は、金額にかかわらず送料は無料です。

また商品によっては、金額が2000円未満であっても送料が無料のアイテムもあります。
この場合は、その旨が記載されているのでチェックしておきましょう。

【お急ぎ便】
Amazon.co.jpからの配送オプションのひとつであるお急ぎ便は、金額にかかわらず送料は360円(税込み)となっています。

【当日お急ぎ便】
当日お急ぎ便は、お急ぎ便よりも送料は高くなり514円(税込み)です。

【お届け日時指定便】
届ける日時を指定する場合は、360円(税込み)、当日日時指定の場合だと514円(税込み)となります。

こうした配送オプションは、プライム会員になっていると全て配送料理は無料なのでとてもお得ですね。

【合わせ買い対象商品】

Amazonでは、数百円などの低価格帯の商品の中にはそれ単品では購入する事の出来ない合わせ買い対象商品というカテゴリーが存在します。
あわせ買い対象というアイコンマークがあるアイテムがそれにあたります。

これはAmazon.co.jpが発送するギフト券を除く商品と組み合わせて2000円以上の場合に購入することが出来るのですが、通常配送と店頭受け取りの送料は無料です。
その他オプション配送の場合も送料は通常配送と同じですし、プライム会員なら無料となります。

【定期お得便】

購入金額が2000円に満たなくても送料は無料です。

【Amazonフレッシュ】

Amazonフレッシュは、プライム会員のみが対象のサービスであり4000円未満の場合のみ500円(税込み)の送料がかかります。

Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する場合

Amazonマーケットプレイスの出品者(個人出品者・大口出品者・出店型出品者)により配送料や配送条件は異なっています。

しかし、その前にAmazonマーケットプレイスが発送する場合の送料で非常に注意しておきたい事があります。
それは、Amazonマーケットプレイスの場合は、商品1点ごとに送料がかかるという事です。
例えば、商品を3点購入すれば送料も3口分、5点購入すれば5口分の送料がかかります。
中には出品者が複数の商品をまとめて発送することもあるでしょう。
その場合、送料は1口で済むと思うでしょうが、例えまとめて発送してもらった時でも商品分の送料が発生してしまうのです。

【個人出品者・大口出品者が発送する場合の送料】

送料はカテゴリーによって異なります。

本・250円/CDレコード・350円/ビデオ・391円/DVD・350円/PCソフト・350円/TVゲーム・350円/おもちゃ&ホビー514円となります。
上記以外のカテゴリーは、基本送料として463円にプラスして1kgまで52円、2kgまで104円、3キロまで156円というように52円ずつアップするのです。
例えば家電や文房具などのカテゴリーの商品は、上記のような送料が適用されます。

【出店型出品者の送料】

Amazonでは出店型出品者の場合、出品者が送料を決定することが出来る仕組みになっています。
出店型出品者の送料は、3種類があります。

1.重量課金制

配送1件の金額プラス重量(1kg)あたりの金額の合計が送料となります。
この1件の金額も重量による金額も、出品者ごとに設定されているのでいくらになるという決まりはありません。

2.商品個数

配送1件ごとの金額プラス、商品1点ごとの金額の合計が送料となり、これも個別に設定することが可能です。

3.購入金額制

購入金額制は、購入した金額に応じて料金が変わってきます。
例えば購入金額が5000円以上なら送料無料、5000円未満なら500円といった風に送料が設定されているのです。

まとめ

Amazonの送料は、まずAmazon.co.jpとAmazonマーケットプレイスが発送する場合では送料が違います。
ですから、購入する商品は発送はどこが行うのかをチェックする必要がありますね。
発送がAmazon.co.jpの場合は、通常配送では基本的に購入金額が2000円以上なら送料無料など分かりやすいルールとなっています。

ただ、Amazonマーケットプレイスの場合は、Amazon.co.jpと比べると送料が分かりにくい面もあり、個別にチェックしなければいけません。
また、送料は商品数ごとにかかる事にも注意をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする